オゾンはあの強烈なう〇この臭いも消せるのか?

動画を文字お越ししてみました。

 

絵を減らす新しい技術についてのリポートです

下水道の整備が進むにつれて問題となっているのが下水汚泥の処理です

増え続ける下水汚泥を減らす研究は各地で行われていますが

持ち運びができる汚泥処理装置が山口県で開発されて今注目を集めています

私たちの過程からきび流れ出すと下水

この下水を下水処理場できれいにする時に大量の下水汚泥が発生します

発生したお礼を集められ埋め立てやリサイクル処理されていますが将来

処理が追いつかなくなる事態が心配されています

そこで注目されているのがオゾンです

保存は脱臭や殺菌に使う機体で

ものを参加する力があります

下水汚泥の中に大量のオゾンを入れると酸化分解が起こり

ツナなどを除く汚泥のほとんどの成分を水とガスに分解することができます

問題は設備の費用が高いことです

山口県では小規模な下水処理場を対象にした経済的なオゾン処理装置の開発が進んでい

ます

県内の企業や研究機関が協力して

装置の大幅な小型化に成功しました

トラックリーのし魂を運べるので1台で県内すべての小規模処理場もあることも可能

です

この下水処理場では通常は溜まった下水汚泥を外に運び出し

別の施設で処理しています

そのため運搬の手間や費用がかかっています

今回の実験ではタンクの中に下水汚泥をくみ取り

オゾンを使ってその場で分解します

オゾンはこの装置の中で2中の酸素を下で作ります

そのため必要なのは装置を動かす

電気代だけですけど

保存が混じった酸素がを泥の中に送り込まれていきます

汚泥の色がみるみる白っぽくなっていきます

1時間後茶色かった汚泥は完全に白くなる汚れの分解は全て終わりました

この後ツナやカルシウムなどの分解できない成分を分離すると

タンクの中に透明な水が現れました

保存には殺菌効果もあるので

そのまま川に流せるほどの綺麗な水です

えっこんな綺麗なけどん

ここでが迷惑なんじゃない

は大丈夫ですね穴を綺麗になりました

今回装置全体が小型ができた最大のポイントはこの保存の吹き出し口にあります

これは期待を0.13ビーカーのミクロの泡に変えることができる装置です

白く濁ったように見えるのがミクロなバーです

普通なはとの比較です

大きい泡はすぐに浮き上がって系てしまいますが

ミクロの泡は水中に長時間漂うので汚泥とくっつく確率が増します

また泡が小さいほど期待の表面積が増えるので

少ないオゾンでも多くのお礼を分解できるのです

このミクロの泡を取り入れることで研究グループでは

装置の劇的な小型化に成功したのです

早急に求められている技術と思います

今年中に製品化しましてですね

それを皆さん方に認めてもらうそういうのが現状目標です

下水処理は快適な暮らしを陰で支える仕組みです

隠しでげす用デイの処分が問題になる中

どこにでも運べ簡単に汚泥を分解できる

この es への関心はさらに高まりそうです

自治体以外でも工場など汚泥の発生に悩む企業は多く今後はそうした企業向けにもこの

装置を売り込んでいく予定だということです